おりものの異常ずっと我慢されていませんか?

萎縮性腟炎ってご存知でしたか?
閉経前はエストロゲンが活発に分泌されているので、その作用で腟壁皮膚/粘膜の厚みが保たれ、
腟の自浄作用(オリモノをきれいにする菌のおかげです)により雑菌の繁殖が抑えられた潤いある
腟粘膜環境が保たれていることになります。
40代後半から閉経期にともなう卵巣機能の低下や、腫瘍などの治療で両側の卵巣を摘出した場合、
卵巣から分泌されるべき女性ホルモン(エストロゲン・卵胞ホルモン)が低下します。
その結果、腟粘膜の萎縮・腟の乾燥が起こります。
これはエストロゲンの不足から腟壁のコラーゲンが減少し腟が萎縮し、弾力も失われてしまう状態です。
そうすると腟粘膜が傷つきやすくなり、また、雑菌が繁殖しやすくなります。
腟壁に傷がつくと雑菌で炎症が起こり、かゆみ・黄色いおりもの・悪臭につながります。
これを萎縮性腟炎(または老人性腟炎)と言います。
症状は
腟壁の充血、出血(接触しただけでも出血する場合があります)
黄色っぽいおりもの、血の混ざったようなおりもの(褐色帯下)
腟のかゆみ、痛み、灼熱感
腟入口の乾燥、かゆみ、違和感
排尿時の痛み などです。

閉経後の煩わしい不正性器出血の原因となります。少量なのでわざわざ診察を受けるまではないと思われますが、
必ず子宮がんなどとの区別が必要です。また、性交時の痛みや出血の原因ともなり、
夫婦生活の支障をきたすこともしばしば有ります。

エストロゲンの低下が原因ですのでその補充で自覚症状は改善します。
また、局所的な症状ですので治療も局所のみに奏効するホルモン剤でも十分です。
今までずっと我慢されていた方、心当たりのある方はご相談に見えられませんか。

Scroll Up