2016年7月25日

スタッフ紹介

院長 藤吉 啓造

・日本産科婦人科学会認定医
・日本臨床細胞学会細胞診専門医
・日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医
・日本がん治療学会認定医機構 がん治療認定医
・母体保護法指定医

 

 

【院長】  藤吉 啓造

はじめまして。藤吉レディースクリニックは平成25年5月に福岡市早良区原に開業いたしました婦人科・産科クリニックです。

産婦人科医院は周産期(妊娠~出産)を中心とした妊婦さんの診療が主ですが、勤務医として診療を行ってきた中で、たくさんの女性が生涯を通してさまざまな悩みを持たれていることを実感いたしました。
また男性と比較し職場で定期健診を受ける機会が少ないため、思ってもいなかった病気に遭遇することもまれではありません。
産婦人科は敷居が高い診療科で受診するのに勇気が入りますが、健康診断はもとより気になる症状(出血、貧血、めまい、腹痛、ほてり、冷え性、かゆみ、おりものの異常、しこり、いきぎれ、尿失禁など)があれば是非ご相談下さい。どこの病院へ受診して良いのかわからないときや、娘さんやお母さん(おばあちゃん)の心配などもかかりつけ医として気楽にお話いただければと思っております。
dot

– プロフィール –

昭和34年10月9日生まれ
4人兄弟の長男です。2人の妹(長女は女優で再ブレイクアイドルの妻です)と弟(産婦人科医師 平成29年7月に大分県中津市で藤吉産婦人科を開業しました)がいます。

プライベートでは7歳長男の父親として育児にも奮闘中です。
趣味は映画鑑賞です。毎週末は息子とTSUTAYAへ。
私はSF、アクション。長男はドラえもん?。
平成26年に家族(長男4歳)で初めて念願の映画館デビュー(アナと雪の女王)ができました。
夏は「STAND BY MEドラえもん」に挑戦 泣けました。
冬 12月は「妖怪ウオッチ誕生の秘密だにゃん!」さすがに寝てしまいました。
平成28年 春 「新・のび太の日本誕生」を見に行きました。
また眠くなるかと思っていましたが感動と涙の大作でしたよ。
平成29年 春 7歳の長男と「のび太の南極カチコチ大冒険」を見に行きました。
前半は居眠りしながら、後半はジーンとくるシーンにウルウルし、平井堅のテーマソングに感動しました。 
どうやら親子でドラえもんファンになったようです。
夏は久しぶりにディズニー映画「カーズ/クロスロード」を観に行きました。アニメなのに実写化したような美しい場面と迫力あるレースシーンに目はずっとスクリーンに釘付けでした。大人でも感動的なストーリーに長男も納得しているようでした。

家内は助産師です。独学ですがアロマやベビーマッサージの資格を取りました。
クリニックで一緒に仕事をしております。
授乳の相談やオッパイマサージなども行っておりますのでぜひご連絡ください。

dot

– 経歴 –

昭和53年3月 福岡県立明善高等学校卒業
昭和60年3月 福岡大学医学部卒業
平成 9年3月 学位授与
昭和60年4月 久留米大学医学部産婦人科学教室入局

国立小倉病院産婦人科
国立佐賀病院産婦人科
東京都がん検診センター婦人科
沖縄赤十字病院産婦人科
スウェーデンカロリンスカ研究所留学
熊本市民病院産婦人科医長
久留米大学病院産婦人科
久留米第一病院産婦人科医長
久留米大学産婦人科講師、病棟医長、外来医長
大分県済生会日田病院婦人科部長を経て
・平成25年5月 福岡市早良区で藤吉レディースクリニックを開院しました。


スタッフ

staff

看護師 3名
助産師 1名
受付  2名

Scroll Up