子宮頸がんは怖い病気でしょうか?

がん検診の基本は、自覚症状がない時点で異常を発見すること(早期発見)です。
大部分の子宮頸がんは腟の奥にある子宮腟部というところから発生します。
がん検診ではこの子宮腟部から細胞を擦過(擦り取る)し、
顕微鏡で観察することで比較的容易に異常を発見することができます。
がんと診断されるのが怖くて検診を受診されない方がいらっしゃいますが、
実は検診で異常を指摘された方の大部分は異形成(前癌状態)と診断されています。
この場合精密検査を行い、がんでなければほとんどが経過を見ることになります。
異形成の多くは自然に治るからです。
がんに進行する場合もありますがゆっくりと変化していきます。
注意深く経過を見ていけば、がんを早期に発見することができます。
そのとき(早期)に治療を行えばきちんと治すことができます。
また、検診の対象が20歳からということもまだご存じない方がいらっしゃいます。
現在は子宮頸がんの原因はウイルスであることがわかり、ますます精度の高い検査ができるようになりました。

がん検診を通して怖がらずに子宮頸がんのお話を聞きに来ませんか。

Scroll Up